ナゴブロ 【芸術の女神】

なごや耳鼻咽喉科

なごや耳鼻咽喉科

耳鼻咽喉科 アレルギー科
神奈川県横浜市緑区長津田5-4-1-5F 長津田駅前

ナゴブロ
院長ブログ

ナゴブロ 院長ブログ

[掲載日:2013/02]

芸術の女神

僕は芸術が好きです。音楽も絵画も舞台も文学も大好きです。ジャンルを問わず、クラシックもロックもワールドミュージックも、ルネッサンスもピカソも、歌舞伎もミュージカルも、サブカルチャーも、いいものはいい。だけどそんなに詳しくはありません。

先日、芸術の女神を生で見ました。

昨年12月の勘三郎さん、そして2月の團十郎さん。矢継ぎ早に私たちは日本の誇る芸術の大きな柱を2つ失いました。その喪失を取り戻すのには少し時間が必要になるでしょう。

私は勘三郎さんの葬儀の時、気になった人がいました。大竹しのぶさん。この人は何者なんだろう。勘三郎さんが敬愛したミューズ。数多くの伝説に彩られた大女優。スマップの番組に出てくる芸能人。自分の目で確かめるため、2月のある土曜日に日比谷の劇場に行きました。そこで僕は信じられないものを見ました。舞台の神様が、大竹しのぶの体を使ってエディット・ピアフを蘇らせたのです。彼女のこの舞台の評論は、先生方も目にされたかもしれません。2008年にオスカーを取ったマリオン・コティヤールも神の演技だったけど、日本人の大竹さんがまるでピアフにしか見えない。何というか、ピアフの「無常さ」が痛いほど伝わってくる舞台でした。

この時代にオンタイムで観るべきものはまだまだたくさんあることに、そして臨床でも勉強ってのは一生必要だなと、今更ながら気が付いた夜でした。


ナゴブロ バックナンバー

 
045-989-3387