ナゴブロ 【第2回復興支援女川中学職業体験キャンプ2日目】

〒226-0027 神奈川県横浜市緑区長津田5-4-1 長津田クリニックビル 5F

TEL:045-989-3387

ナゴブロ

ナゴブロ 院長ブログ

[掲載日:2013/7]

第2回復興支援女川中学職業体験キャンプ2日目

活動

・横浜市中央卸売市場 研修
    市場案内・せり見学・マグロ体験
・研修後、十分に睡眠をとり発表準備が万端であるなら元町・中華街観光
・夕食会にてサポーター・関係者との対面、女川に関して中学生による発表

二日目のねらい

 水産物の水揚げや加工などの漁業が盛んである女川の子どもたちにとって身近であろう「食」や「漁
業」を、横浜でも体験し、距離としては遠いながらもその接点の多さに気付く。また、同じ「魚や野菜
を扱う」といっても女川と横浜とでは、その周囲の環境と規模から市場としての役割が異なることを体
感する。また、仕事の相違だけでなく、そこで働く人に直接かかわることで、改めて自分の口に入るも
の・入るに至るまでの流れに関して考える機会をつくる。
 夕食会では、女川について知識がない人が相手であることを想定して、自分たちが住む町、女川の案
内する発表を行う。改めて自分が住む町を客観的に見る機会を創出するのと同時に、発表することで相
手にとってどういう順番で、どういう手法で伝えた方がわかりやすいかなどを考え、実践できる機会を
得ること、また、聞く側としてどのような姿勢や反応があれば発表しやすいか、嬉しいかの気付きを得
られるよう計画した。なお、発表時に使用した資料(スケッチブックのスキャン)は本報告書 48 頁から
添付している。

子どもたちの反応・感想(8/31、9/7 まとめ時)

市場
・フォークリフトに乗ってみたかった。
・せりも(振りでも)やってみることができたら、手ぶりが覚えられたかも(覚えたかった)
・鮭をさばく・焼くのは面白かった。
・朝市の説明は全体的にもう少し短くても良かった。
・荷物はいらない、といわれ手ぶらで行ったがメモを取れればよかった。(生活かばんは使えるかも。)

発表
・緊張した。
・吹奏楽をやっている人・やっていた人が多かった。
・うなずいて聞いてくれた。
・問題を出したら答えてくれた。 発表しやすかった。
・訪問先での質問をあらかじめ考えていくようになった。
・オペ着をもらった。(参加していただいた北部病院の先生からのサプライズ・プレゼント!)

PAGETOP

ナゴブロ バックナンバー


診療時間

日祝
9:00〜12:30
代診
15:00〜18:30
代診

▲:14:30〜17:00 木曜午前・土曜午後は代診です。

日祝
アレルギー性鼻炎
レーザー治療

※補聴器相談は、月曜の午後、水曜の午前、金曜の午後で承っております。
※・インフルエンザ予防接種・アレルギー性鼻炎レーザー治療
 ・スギ花粉症レーザー治療・補聴器相談は予約が必要です。

なごや耳鼻咽喉科クリニック

045-989-3387

〒226-0027 神奈川県横浜市緑区長津田5-4-1
長津田クリニックビル 5F

耳鼻咽喉科

Site Map

Copyright© なごや耳鼻咽喉科クリニック. All Rights Reserved.